top of page

OGAWAブログ(第5号)~福利厚生制度の検討~

更新日:2023年8月4日

 



こんにちは!2回に渡り、福利厚生への取り組みについてお話ししたいと思います。エンゲージメント・パフォーマンスアップ・採用力強化へ影響のあるものです。ぜひ参考にしていただければと思います。


■福利厚生とは何か、なぜ必要なのか

福利厚生は、従業員の生産性向上、満足度の向上、採用競争力の強化に寄与します。企業ごとの特徴を生かした福利厚生を展開することで、一線を画すことが可能です。


■福利厚生制度作成のポイント

それでは、福利厚生制度を作成する上で心に留めておくべきポイントと、実際の準備について説明していきます。


まず最初に、福利厚生制度は「公平性」が重要です。全ての従業員が公平に利用できるような制度でなければなりません。また、制度を導入するときには「コミュニケーション(メッセージング)」も重要です。従業員に制度の詳細と利用方法を明確に伝えることが求められます。さらに、「持続可能性」も必要です。経済的に持続可能な福利厚生でなければ、長期的に続けることは難しいでしょう。最後に、「法規制の遵守」も重要です。福利厚生の提供は、労働法や税法などの関連法規制を遵守する必要があります。


具体的な準備としては、まず「ニーズ調査」が必要です。アンケートやワークショップなどを通じて、従業員のニーズと企業の目標を把握します。次に、「計画策定」を行います。調査結果を元に、何を提供するのか、どのように提供するのかを明確にします。さらに、「予算計算」を行い、福利厚生のコストを見積もります。その後、「制度の実施」と「評価と改善」が続きます。



■福利厚生のカテゴリ分け

福利厚生を実装する際の視点として、大きく3つのカテゴリーに分けて考えると良いでしょう。それぞれ「環境」「業務組み込み」「利益享受」です。


環境に関する福利厚生は、働く環境そのものを改善するものです。具体的には、オフィスの環境改善やリモートワークの支援などが挙げられます。従業員が働きやすい環境を提供することで、生産性の向上や長期的な雇用の維持につながります。


次に、業務組み込み型の福利厚生です。これは、日々の業務の中に組み込まれる形で提供されるもので、研修や育成制度などが該当します。ここで重要なのは、従業員一人ひとりの能力向上を目指す点で、これにより企業全体の成長を促すことが可能です。


最後に、利益享受型の福利厚生です。これは従業員が企業の利益を直接的に享受する形のもので、例えば賞与や株式オプションなどが挙げられます。こうした制度は、従業員のモチベーション向上や組織への帰属意識を高める効果があります。


■まとめ

以上が福利厚生の考え方と作成についての解説です。具体的な福利厚生の内容は企業ごとに異なるため、自社の状況を把握し、従業員のニーズに合わせて計画を立てることが求められます。また、提供する福利厚生が公平で、十分にコミュニケートされ、持続可能であり、法規制を遵守していることを確認することが重要です。


次回は、具体的な福利厚生の内容とその効果について解説します。

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page