top of page

年商1億円企業の次のステップ 〜マーケティング編③〜



こんにちは!

中小企業診断士/フォレストファーム取締役の小池です。今回は、「年商1億円企業の次のステップ〜マーケティング編③〜」として、中小企業が取り組むべき「アナログなプロモーション活動(=地上戦)」をテーマにお話しします。


前回までに、販促を行う前の準備として、戦略の構築が重要で、そのためにSWOT分析という手法が重要であるとお伝えしました。SWOT分析の後、ターゲティングやセグメンテーションという手法で顧客やそのニーズを明確にしていくわけですが、今回はそれを省略し、年商1億円規模の中小企業が取りうる具体的な戦術をご紹介していきます。何故かというと、販促の具体的なアクションを知ることで、それを取りうる顧客がどの程度存在するのかある程度明確になっていくことや、中小企業は大企業と異なり、多くの場合幅広いターゲット層に対応するのが難しいためです。


年商1億円規模の中小企業の販促の具体的なアクションは「地上戦」、「WEB戦」、「メディア戦」という3点で考える必要があります。かけられるコストが限られていることから、それぞれのアクションの中で最もコストパフォーマンスが高い施策を選択するということになります。


そのうち今回は「地上戦」について解説をしていきます。ここで言う「地上戦」とは、大企業が持つ資金力や影響力に対抗するためのアプローチで、創意工夫を凝らした小規模かつアナログのプロモーション活動のことです。特に中小企業にとっては限られたリソースを最大限に活用し、効果的に市場にアプローチする手段として有効です。以下、地上戦の具体的な方法をご紹介します。


1.定期的な顧客訪問(訪問型ビジネス)

既存顧客や潜在顧客を定期的に訪問し、直接対話することで信頼関係を築きます。訪問時には、笑顔と挨拶を忘れず、顧客に親しみやすさを感じてもらうことが重要です。また、顧客のニーズや要望を詳しく聞き取り、その情報をもとに製品やサービスの改善を図ります。顧客カルテなどを作成し、収集すべき情報を事前に定義しておくことも効果的です。訪問後にはフォローアップを行い、顧客の満足度を高めることが大切です。


2.パーソナル接客(来店型ビジネス)

飲食店や小売店では顧客訪問の代わりに、店内でのパーソナルな接客が重要です。常連客には特に注意を払い、名前を覚えたり、好みを把握したりすることで、親しみやすさと信頼感を築きます。重点顧客は顧客カルテを作成し、ワンランク上のサービス提供を行うなども有効です。笑顔と挨拶を欠かさず、細やかなフォローアップを行うことで顧客満足度を高めます。


3.チラシ配布

店舗周辺の住宅やオフィスにチラシを配布し、特典や割引クーポンを提供することで、来店や購買を促進します。週末やイベント時には、特別なキャンペーンを盛り込んだチラシを配布すると効果的です。目を引く見出しやキャッチコピー、魅力的な商品写真を使用することが重要です。また、特典や割引情報は目立つように配置し、すぐに利用できるような簡単なクーポン形式にすると良いでしょう。


4.ポスター掲示

店舗の外壁や近隣の掲示板にポスターを掲示し、通行人の興味を引きます。ポスターのデザインは目立つように工夫し、特典やイベント情報を強調します。視認性の高いデザインを心掛け、重要な情報は大きな文字でわかりやすく表示します。自社の売りの商品を中心に据え、魅力を最大限に引き出す写真やイラストを活用しましょう。


5.ダイレクトメール

顧客リストを活用し、特典や新商品情報を盛り込んだ手紙やはがきを送ることで、個別にアプローチします。特に手書きのメッセージやパーソナライズされた内容は、顧客の心に響きやすいです。


6.イベント参加・開催

地域のイベントに積極的に参加し、自社の商品やサービスをアピールします。また、自社で小規模なイベント(試食会や体験会など)を開催することで、直接顧客と触れ合い、フィードバックを得ることができます。弊社では毎年お客さまをお呼びする「お客さま感謝祭」を開催しています。今のお客様に更にファンになって頂くことも重要です。


7.クーポンブック

地元の他店舗と協力し、共同でクーポンブックを作成し、配布します。他店舗との連携により、新しい顧客層にもリーチできる効果があります。


8.ニュースレター

定期的にニュースレターを郵送し、新商品情報やキャンペーン情報、地域の話題を提供します。定期的なコミュニケーションにより、顧客との関係を強化します。


9.パートナーシップ

地元企業や団体と協力し、共同でプロモーションを行います。お互いの顧客基盤を共有することで、新規顧客を獲得しやすくなります。


10.サンプリング

商品のサンプルを無料配布し、実際に使用してもらうことで、製品の良さを体感してもらいます。また、顧客からのフィードバックを収集し、製品改善やマーケティングに活用します。


11.口コミ促進

既存顧客に対して、つながりのある取引先や友人、家族に商品やサービスを紹介してもらうよう依頼します。紹介特典を提供することで、口コミ効果を高めます。




地上戦を成功させるためには、ターゲットを明確にし、適切なメッセージを作成することが重要です。限られた予算を効果的に活用し、高いROIを目指すためには、創意工夫を凝らした低コストで実施することが求められます。また、こうした取り組みは一度きりではなく、継続的に顧客とコミュニケーションを取り、関係を深めることが大切です。顧客からのフィードバックを積極的に収集し、次の戦略に反映させることで、自社の地上戦のスキルはレベルアップしていきます。地上戦を上手く取り入れることで、中小企業でも大企業に負けない効果的なマーケティングが可能です。ぜひ、これらの手法を試してみてください。


以上、小池がお届けしました。次回はWEB戦について解説をします。お楽しみに!

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page